2017年11月30日

ぼうえいだい らぐびー

防衛大学
本部は、神奈川県横須賀市走水1-10-20
1952年(昭和27年)創立の省庁大学

将来陸上・海上・航空各自衛隊の幹部自衛官となるべき者の教育訓練をつかさどるとともにそれらに必要な研究を行う防衛省の施設等機関です。
防衛大.jpg
教育訓練の目的は、将来自衛隊の幹部自衛官として必要な識見および能力を与え、かつ、伸展性のある資質を与えることにあります。
1.教育訓練、規律ある団体生活および学生の自発的に行う各般の活動において、心身を鍛え徳操をみがき人格の陶冶に努 めるとともに、自主自律、積極敢為の気風を養い、国家および社会の一員はもとより、幹部自衛官としてその職責を尽くし得る性格を育成します。
2.教育課程においては、大学設置基準に準拠して、一般教育、人文社会科学または理工学および防衛学に関する学理およびその応用を授け、幹部自衛官として必要な基礎となる学力および技能を育成します。
3.訓練課程においては、自衛官の必要とする基礎的な訓練要領について練成し、幹部自衛官としての職責を理解してこれに適応する資質および技能を育成します。
4.学生の参加する体育活動および各種の運動競技を奨励し、訓練とともに強健な体力と旺盛な気力を育成します。
5.あらゆる機会において、陸上自衛隊、海上自衛隊および航空自衛隊の幹部自衛官となるべきものの間に、理解協力の気風を育成します。

防衛大学校は防衛省施設等機関として、自衛隊の幹部自衛官を養成する教育・訓練施設である。諸外国における士官学校に位置づけされ、幹部自衛官の教育と育成を目的としています。

1952年保安庁の附属機関として保安大学校設置
1953年横須賀市久里浜の仮校舎にて開校
1954年防衛大学校に改名
1955年横須賀市小原台の新校舎に移転

主な卒業生
平間洋一、山口昇、福田築、森本敏、中谷元、尾辻秀久、重松惠三、油井亀美也

スポンサーリンク










防衛大学ラグビー部
神奈川県横須賀市走水1-10-20
1953年創部
ホームページ
ジャージは青
防衛大ジャージ.jpg
1967年に対戦方式の意見の相違から関東大学ラグビー対抗戦から脱退しリーグ戦を発足。

年度 対抗戦
1958年 6位
1959年 3位
1960年 7位
1961年 6位
1962年 2位
1963年 11位
1964年 6位
1965年 5位
1966年 6位
年度 リーグ戦
1967年 7位
1968年 4位
1969年 8位
1970年 7位
1971年 7位
1972年 4位
1973年 7位
1974年 7位
1975年 5位
1976年 8位


ラグビーを始めたい人
ジャージの記事
ヘッドキャップの記事
マウスピースの記事
➜ラガーマンはラガー
ラグビー・ワールドカップの記事
posted by RUGBY ALL OUT大好き at 21:41| Comment(0) | 大学ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こくしかん らぐびー

国士舘大学
本部は、東京都世田谷区世田谷
1917年(大正6年)創立の私立大学
国士舘.jpg
1917年創立者柴田德次郎ら青年有志が、智力と胆力を備えた有為の人材の育成に思いをはせ、東京麻布に私塾國士館を創立
1919年松陰神社隣接地に移転
1946年至徳学園に変更
1953年国士舘短期大学を設置
1958年国士舘大学を設置

建学の志は、吉田松陰の精神を範とし、日々の実践のなかから心身の鍛練と人格の陶冶をはかり、国家社会に貢献する智力と胆力を備えた人材、国士を養成することにありました。

主な卒業生
佐伯弘治、西川光一、石川隆彦、斉藤仁、鈴木桂治、石井慧、西山将士、内柴正人、弘山晴美、伊藤正樹、荒井政雄、川嶋奈緒子、小俣夏乃、皆川夏穂、脇田寿雄、山本昌邦、柱谷幸一、柱谷哲二、宮澤ミシェル、本田美登里、森健次郎

スポンサーリンク










国士舘大学ラグビー部
1959年創部
ホームページ
ブログ
ジャージは小豆色と黒
国士舘ジャージ.jpg
1967年に対戦方式の意見の相違から関東大学ラグビー対抗戦から脱退しリーグ戦を発足。

主な成績
全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会優勝1回(1965年)
関東大学ラグビーリーグ戦優勝1回(1978年)

年度 対抗戦
1966年 7位
年度 リーグ戦
1967年 6位
1968年 7位
1969年 7位
1970年 9位
1971年 2部リーグ
1972年 2部リーグ
1973年 2部リーグ
1974年 2部リーグ
1975年 8位
1976年 2部リーグ
1977年 4位
1978年 優勝
1979年 6位
1980年 4位
1981年 5位
1982年 6位
1983年 7位
1984年 6位
1985年 4位
1986年 5位
1987年 5位
1988年 3位
1989年 8位
1990年 6位
1991年 5位
1992年 5位
1993年 7位
1994年 7位
1995年 8位
1996年 8位
1997年以降2部リーグ

主なOB
鈴木康太、谷田部洸太郎、七戸勇気、平岡航、古田仁志


ラグビーを始めたい人
ジャージの記事
ヘッドキャップの記事
マウスピースの記事
➜ラガーマンはラガー
ラグビー・ワールドカップの記事
posted by RUGBY ALL OUT大好き at 21:40| Comment(0) | 大学ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とーよー らぐびー

東洋大学
本部は、東京都文京区白山5-28-20
1887年(明治20年)創立の私立大学

1887年井上円了が東京市本郷区竜岡町の麟祥院に哲学の専修学校、哲学館を創設
1889年新校舎が東京市本郷区蓬莱町に落成
1897年東京市小石川区原町に新校舎落成
1903年私立哲学館大学に改称
1906年東洋大学に改称
東洋.jpg
建学の精神は、諸学の基礎は哲学にあり、独立自活、知徳兼全。
教育理念は、自分の哲学を持つ。多様な価値観を学習し理解するとともに、自己の哲学(人生観・世界観)を持つ人間を育成する。
本質に迫って深く考える。先入観や偏見にとらわれず、物事の本質に迫る仕方で、論理的・体系的に深く考える人間を育成する。
主体的に社会の課題に取り組む。社会の課題に自主的・主体的に取組み、よき人間関係を築いていける人間を育成する。
東洋大学の心とは、他者のために自己を磨く。自分を磨くのは、人々のためにはたらくことができるようになるためであり、そのことを自覚して学業に励むのが東洋大学の心である。
活動の中で奮闘する。現実社会における活動の中にどこまでも前進してやまないのが、東洋大学の心である。

主な出身者
サンボマスター、達川光男、松沼博久、松沼雅之、玉ノ国光国、酒井俊幸、柏原竜二、設楽啓太、設楽悠太、服部勇馬、萩野公介、伊調千春、平山紘一郎、宮原厚次、村田諒太

スポンサーリンク










東洋大学ラグビー部
埼玉県川越市鯨井2100
(川越キャンパス)
1960年創部
ホームページ
ジャージは紫と鉄紺の段柄
東洋ジャージ.jpg
1967年に対戦方式の意見の相違から関東大学ラグビー対抗戦から脱退しリーグ戦を発足。

年度 対抗戦
1966年 5位
年度 リーグ戦
1967年 5位
1968年 6位
1969年 5位
1970年 4位
1971年 3位
1972年 3位
1973年 3位
1974年 6位
1975年 6位
1976年 4位
1977年 6位
1978年 7位
1979年 8位
1980年 2部リーグ
1981年 2部リーグ
1982年 2部リーグ
1983年 2部リーグ
1984年 9位
1985年 2部リーグ
1986年 2部リーグ
1987年 7位
1988年 9位
1989年 9位
1990年 2部リーグ
1991年 7位
1992年 6位
1993年 8位
1994年以降2部リーグ

主なOB
原進(阿修羅・原)、川地光、栗原進、近藤高信


ラグビーを始めたい人
ジャージの記事
ヘッドキャップの記事
マウスピースの記事
➜ラガーマンはラガー
ラグビー・ワールドカップの記事
posted by RUGBY ALL OUT大好き at 21:39| Comment(0) | 大学ラグビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする