2017年07月14日

初の国立競技場

🏉早明戦@国立競技場の想い出
初めて競技場でラグビーを観たのは高校三年生の12月6日頃の日曜日の国立競技場での早明戦でした。その頃から人気が上がって来て二・三年後にはプラチナ・チケットになりました。国立競技場は無くなってしまい、新国立競技場を建設中ですが、まるで嵐の国立競技場のコンサート並に入手が困難な時代が間もなくやって来ます。

高校三年生だったので1984年(昭和59年)の12月2日の早明戦は、高校のラグビー部の顧問が協会から入場券を貰ってきて、行きたい生徒に無料でくれました。国立競技場はテレビで観たことはありますが、行ったことは無かったので、行き方も知りませんでしたが、ラグビー部の数名で一緒に行きました。

国立.jpg

㉀屋台はまだあるのでしょうか
JR総武線の千駄ヶ谷駅で降りて歩いて行きます。やきそば、お好み焼きなどの屋台が立ち並んでいました。最近ではあまり見かけない光景です。・・・車で行くことが多いので、駅の近くには、今でも屋台が出ているのでしょうか。既に千駄ヶ谷の立ち食い蕎麦屋で昼食は済ませていましたので、特に食べ物などの買い物はしないでスタスタと国立競技場に向かいます。だいたい試合の開始一時間前位に到着する計画です。

駅から国立競技場に向かう道は既に大勢の観衆です。無料の入場券は学生券で自由席です。千駄ヶ谷門から入って一番近い自由席に行きました。ゴール裏の中段位でした。前の方では大学生が酔っ払って応援しています。

皆、早稲田か明治のジャージを着ています。初めての早明戦、初めての国立競技場、何もかも新鮮です。とっても大きなスタンドで中段に行くのにも階段を相当登りますし、見下ろすとかなりの高さです。次第に観客で埋まっていきます。

🈤大歓声
試合開始間近には観客は満員となり六万人の観衆の歓声と言うのはもの凄いです。国立競技場はすり鉢状になっているので音が反射して上の方に逃げて行くそうです。試合開始前のザワザワ感、選手が入ってくると拍手と頑張れよ!の掛け声など、驚きの連続です。

いよいよキックオフで、その歓声は更にヒートアップします。ボールを持って走ると、ワーッと言う応援とキャーと言う悲鳴のハーモニーの大歓声、タッチに出されたり、ノックオンしたりすると、アーッ!!と言う六万人のため息、国立競技場での印象的な体験でした。国立競技場はありませんが、秩父宮ラグビー場や花園ラグビー場などラグビーはとても楽しいです。

千駄ヶ谷への帰り道には屋台で残ったやきそばを半額で売っていたので、頂きました。お買い得でおすすめです。
やきそば.jpg


posted by RUGBY ALL OUT大好き at 20:13| Comment(0) | ラグビー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

さよなら、国立競技場

1964年(昭和39年)の東京オリンピックのメイン会場となった国立競技場は、JR千駄ヶ谷駅と信濃町の間にりました。

現在は2020年の東京オリンピックに向けて新国立競技場の建設が始まっています。私が初めて国立競技場に行ったのは、1984年(昭和59年)の高校3年生の時のラグビー早明戦の観戦でした。

当時はラグビーは大人気で、12月の第一日曜日のラグビー早明戦、1月15日成人の日のラグビー日本選手権は、入場チケットが取れないほど満員の観客が入っていました。

高校のラグビー部の顧問の先生に貰った入場券は自由席でゴールポスト裏の一番上の方だったと記憶しています。


チケット購入はこちら


プレーの上手さ、凄さは都立高校ラグビー部なので、そんなに良く判らかったのですが、満員のスタンドの歓声が印象に残っています。

ボールを持って走った時の5万人を超える「ワーっ」と言う大歓声、チャンスが止まった時の5万人のため息がとても面白かったです。

そんな国立競技場の最後のラグビー早明戦にも行きました(2013年12月1日)。

早明両校の観客動員PRとユーミンこと松任谷由実のさよならセレモニーがあると言うことでスタンドは約5万人の満員となり、大歓声を味わえてとても楽しかったです。試合内容も白熱して盛り上がりました。
P1190219.JPG

電光掲示板で右側に行くと観えません。
P1190225.JPG

明治大学校歌
P1190241.JPG

早稲田大学校歌
P1190242.JPG

ユーミンのノーサイド
P1190255.JPG

初めて行った国立競技場の翌年からは早明戦、日本選手権のチケットを買いに新宿のプレイガイドに発売日の行列に行ったのも懐かしい想い出です。

冬のスポーツ、ラグビーを観戦するにはバックスタンドが日が当たるのでおすすめでした。


目次の頁へ
posted by RUGBY ALL OUT大好き at 05:20| Comment(0) | ラグビー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

日本一高いポール、熊谷ラグビー場

ラグビーのポールの高さが日本一の熊谷ラグビー場は、埼玉県熊谷市の中央付近の熊谷スポーツ文化公園内にあります。


熊谷の記事へ

2019RWC(ラグビーワールドカップ)の開催地のひとつになっています。現在観客席を増設工事中でメインのAグラウンドは使用出来ませんが、3面のグラウンドがあります。

ポールの高さが日本一なのとインゴールがルールの最大20mあり、更にラグビーシーズンの冬場には熊谷名物の赤城おろしの冷たい風が吹きます。

これらの条件がラグビーの試合へ与える影響も計り知れません。私が初めて行ったのは、未だ社会人リーグだった頃の新日鉄釜石の入れ替え戦だったでしょうか、知り合いが出場したオール熊谷工業高校 対 オール行田工業高校 戦も観戦しました。

赤城おろしの冷たさにメインスタンドの左側の壁際で風を避けて観戦した記憶があります。

現在は違うと思いますが、当時のマイナーな試合では食べ物の販売はチャルメラのカップラーメンだけでした。強風の中、あったかいカップラーメンに救われました。

高校野球の春の甲子園センバツ同様に高校ラグビーも春の全国大会が熊谷ラグビー場にて春休み期間に行われます。高校ラグビー全国選抜大会は2017年度は第18回目でした。




チケット購入はこちら



目次の頁へ
posted by RUGBY ALL OUT大好き at 07:26| Comment(0) | ラグビー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク